紫外線対策の強い見方!「ビタミンC誘導体」とは?

最近、美白や美肌を重視して化粧品を調べると「ビタミンC誘導体」という言葉を目にしませんか?

 

ビタミンC誘導体とは何なのでしょうか?
今までは食事で食べて摂取するのが一般的だったものに変化がうまれつつあります。

 

紫外線対策の一つとして強い肌を作るなら、知っておいて損はないでしょう。

 

■ビタミンC誘導体を知る

 

ビタミンCは摂取が非常に困難な栄養素の一つです。

 

壊れやすく、大量に摂取してもすぐに体外へ排出されてしまします。
取り込んだものを維持できないのです。

 

そして体内で作ることも出来ません。

 

食べ物や化粧品からの摂取になりますが、肌にも染み込みにくいのです。

 

そんなビタミンCの吸収を助けるのがビタミンC誘導体です。

 

肌からの吸収を助けるほか酸化しにくいという利点もあります。

 

即効性のある水溶性と浸透力の高い油溶性がありますが、
この二つの良いところを合わせ持った「新型ビタミンC誘導体」に注目が集まっています。

 

効果が持続することに加え、
保湿力、浸透力も格段に向上するので、美白や美肌を考える方にオススメです。

 

効果の期待できないと思っていたものを、
有効に得る手段があるというのは強い味方になります。

 

紫外線で疲れた肌へのご褒美として、
ダメージを残さないケア方法を考えてみて下さい。

注意!美白を作る上で気を付けたい食べ物とは?

テレビを見てて、女優さんとかモデルさんの透き通るような白い肌に憧れて、
まずは体内から変えたいな〜
って思って美白を作るための食べ物を調べていたんですが、
その中で気になる言葉を見つけちゃいました!

 

「光毒性」ってご存知ですか?

 

これ、光に当たると紫外線に過剰に反応してしまい、
お肌にダメージを与えてしまうことだそうです。

 

なんとそれが含まれてる食べ物があるらいので紹介しますね。

 

柑橘系の果物・きゅうり・香味野菜(パセリ・セロリなど)・
キウイ・アセロラなどなど・・・

 

きゅうりって、昔きゅうりパックが流行ったからお肌にいいと思ってたけど、
日焼けをするとあまりよくないみたいでびっくりしました!

 

でも光毒性があるからって、
この食べ物を食べないわけにもいきませんよね・・・

 

柑橘系の果物とかビタミンCがいっぱい入ってるし・・・
って悩みが沸々と湧いてきます。

 

いろいろ調べたところ、解決策がありました♪

 

光毒性は、日に当たる時間に反応するから、
朝出かける前とかに食べなきゃ良いらしく、
夜ご飯の時に食べれば大丈夫だそうです。

 

上手に食べる時間を考えたら、
ビタミンもとれるし前よりも日焼けしにくくなるしで一石二鳥ですね☆