日焼けをしてしまったら?紫外線にはビタミンCで対抗!

日焼け後のケアってなかなかピンと来ないイメージがありませんか?

 

黒くなったり赤くなったり、見た目で分かるところにはケアしやすいですが、
紫外線を浴びたであろう場所に10年後のシミ、シワ対策のために事前投資…
お金も労力もかけるべきか悩むところです。

 

しかし紫外線は蓄積が命取り!
ダメージを受け続けた肌の反乱がシミ、シワなのです。
この暴徒達を落ち着かせる為にも、しっかりとアフターケアをして、肌を昨日と同じ状態へ戻してあげることが大切です。

 

■肌によい食べ物でケアする。

 

美白の代表といえばビタミンCです。
ビタミンCには抗酸化作用があり、シミやシワの発生を抑えてくれます。
コラーゲンの生成を助ける働きがあるので、肌のことを考えれば取りたい栄養素ナンバーワンです。

 

ストレスを軽減する働きもあるので、イライラからの肌トラブルの改善にも役立ちます。

 

ビタミンCを多く含む食材として思いつくのがレモン!

 

なかなか生で丸かじりするのは勇気がいりますが、ビタミンCは熱で壊れやすく、煮ると溶け出てしまうので、そのままのものを手を加えないで食べるのが一番効果的です。

 

柑橘系にはビタミンPも含まれており、ビタミンCの吸収を助けると言われています。

 

皮やスジに多く含まれているので、みかんを皮ごと食べる健康法は抗酸化作用の効果的には良い方法です。
ただし食べづらいという点に問題があります。

 

他にブロッコリーやピーマン、イチゴ、アセロラなど、健康イメージの強い食材ばかりですね。

 

茹でて食べるときはスープにして全部飲んでしまうことで、栄養を損なわず摂取できます。

 

食べれば良いというのではなく、効率よく摂るのが肌ケアのポイントです。